参加企業一覧

あなたの存在がメーリングリストを強くする!

「チャレンジOne」とは、
福祉が起点となり企業と企業、企業と福祉などが結ばれて
ひとつ(One)に繋がっていくことを目的としています。



これまでの交流会のご紹介

港ワークキャンパスでは・・・
「チャレンジOne」〜異業種交流メーリングリスト〜を運営しており、関連企業様の営業活動や 情報収集に少しでもお力になれればと考えております。
もちろん会費などは一切ございません。
たくさんの関連企業様に支えられ運営をしておりますが、更に情報やビジネスの幅を広げるためにより多くの企業様にご参加していただきたいと考えております。

弊社HPをご覧頂き、お力をお貸しいただける企業様がいらっしゃいましたら、一度ご連絡をいただければ幸甚でございます。今後とも名古屋ライトハウス共々宜しくお願い申し上げます。

チャレンジOneご参加の皆様へ

港ワークキャンパスの野々下でございます。
日頃は当施設の運営に関しまして、ご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。
また、この度は「チャレンジOne」への取組みに多大なるお力添えをいただけるということで、スタッフ一同、 精一杯のパフォーマンスが出来ればと意気込んでいるところでございます。本当に有難うございます。

さて、堅い挨拶はここまででお許し下さい・・・
ご参加いただいている皆様には出来る限り、煩わしくなく気軽に会話が出来る、また、皆様方がお持ちの「爽やかさ」 を売りとして「無礼講」にて進めさせていただければと思いますのでご理解の程、宜しくお願い致します。

先ずは今日がキックオフとなりますので、この「チャレンジOne」の取組み理由を軽く説明させていただきます。
(二点あります)

一点目は、社会福祉法人としての立場から。

昨今、国(民)からの社会福祉法人への見方が厳しくなってきているため、その対応が必要となってきています。(我々にとっては重圧です)
その内容とは、「公益性、非営利性の徹底及び地域社会へ貢献せよ」 「法人組織の体制、監査力を強化しもっと透明化せよ」 などなどでございます。

これは、民間企業より税制が優遇されている上、公費を貯めこんだり、財産を私物化したり、問題が多発している社会福祉法人に対して世の中がメス を入れて行く流れであることを意味します。

二点目は、営業マンという立場から。

年間を通して名刺交換をした枚数が多い割に、次に繋がったという確立が低かったので、何とかビジネスチャンスを繋げておくという術が欲しかった。
例えば、展示会や異業種交流等で出会うも名刺をそのまま保管して終わる、といった勿体無さがある、双方に今はその商談の時期では無かった等、 多くのチャンス(可能性)を潰しお蔵入りさせているなぁ、という実感もありました。

ですので、この「チャレワン(急に略してすみません)」を動かして行くことにより、我々が何らかの公益性を持った動きができ、 且つ、本来ならお蔵入りするであろう人脈をチャレワン仲間で共有維持し合い、「その時期が来た!」という時に必要とされる者同士で 商売に繋いでいくことの出来る仕組みとなればと考えているわけです。

近い将来では地域や学生ともコラボし、新しいビジネスモデルやCSR活動、企業へのリクルート活動にまで発展させて行く予定ですのでご期待下さい!

先ずは、ご参加の皆様への感謝とご挨拶でございます。
今後とも宜しくお願いいたします。

名古屋ライトハウス 港ワークキャンパス 
施設長 野々下哲也


arrow